もともと、インスタントコーヒーで充分だった私が

10年前にサーモスのコーヒーメーカーに変えてから

少しづつハマり始めて現在に至るまでの話なのですが

最初はコーヒーメーカー用に挽いた400g500円位のブレンディで

満足していたのですが、近くの珈琲問屋さんで定期的にコーヒーを

豆から買って自分でミルで挽いて飲むようになってから

コーヒーメーカーの出番が多くなり

10年もたつと蓋にすき間が出来たり

多めに作るとポットにたまるまで時間がかかるようになり

さすがに買い換えなければと思い

同じサーモス社の新しいものに変えました。

真空断熱ポット コーヒーメーカー/ECH-1001 | サーモス 魔法びんのパイオニア

サーモスの製品 真空断熱ポット コーヒーメーカー/ECH-1001 をご紹介しています。



作って飲んだ感じは今まで通りで特に変わりません

安定の美味しさです。サーモスを選ぶ基準は作り置きできることはもちろんですが

お湯を入れる過程で蒸気をかけて蒸らす工程があるので

しっかりと豆本来の旨味を引き出してくれます

これは自分では出来ないので本当に嬉しい機能です

実際に作ってみます。

DSC_0179

豆をミルに入れて挽いて
DSC_0182

セットして
DSC_0183

出来上がり(しっかりと蒸されています)
DSC_0186

最後にカップに注いでおわり。この瞬間が一番うれしいんです。
DSC_0191

簡単なレビューでしたが

毎日飲むコーヒー、少しの手間で美味しく頂くコーヒー。

美味しいコーヒーは朝でも昼でも夕方、夜でも楽しい時間を作ってくれる貴重な存在です。