自分の事、他の人の事

話をしたり聞いたり考えて思ったこと

「新築一戸建て」って何だろう?
key-2114455_640

結婚して新婚時には2DK程度のアパートに住み

子供が生まれると何故か「家を買わなければ」という気持ちになり

そのころの年齢が30歳くらいで「30年ローン」を組んで

働いてるうちは返せる~定年になればローンが終わって

自分のもの、あとはゆっくりと老後をその家で過ごせば良い

なんて思って家を買ってる人が多いと思います(自分も含めて)

でも人生、そんな思う通りには行きません

年功序列は数十年前に崩壊し、忖度に失敗すると

会社での立場が悪くなり、単身赴任で他地域に飛ばされるとか(子供たちと離れ離れ家とも)

会社が傾いて倒産とかリストラとかあるかもと思うと30年の月日は相当長いです。

子供たちだっていつまでも親と暮らせるわけではありません。

実際、子供部屋を作っても大学やら就職やらで家を離れれば、それっきりになることが

多いと思います。だから子供部屋の寿命なんて、たかだか20年くらいしかありません。

夫婦だけになり、最後にはひとりになり、そして誰もいなくなります。

家なんて結局そんなもんなんですよ。

しばらくぶりにあった知人の話だと大きなローンを組んで千葉県に一戸建てを買ったが

現在は、子供二人社会人、学生でそれぞれ離れて暮らしてる。

知人は単身赴任、奥様一人で千葉の一戸建てに住んでるそうだ。

なんだろうね、寂しく感じます。

人生の選択肢として「家を買う」ってこと、

良かったか悪かったか、結果は個人によって変わってきますが、

子育て時は公団住宅で住んでお金をためて夫婦だけになったら

他の地域に平屋の小さな家を建てるとか中古住宅を買うとか

そんな選択肢も良かったのかな、なんて思ったりもします。

30年ローンの金利も相当大変です。借りないで貯金で支払いできれば

一番、無駄にならないしコスパが良いのかな~

それとも今まだ通り新築の家でローンを組んで子供たちとの短い間の

思いで作りに楽しんだことも良かったのかなとも思います。

結論は、でませんが人それぞれ、いろんな考えとライフスタイルがあるはずです。

住宅メーカーの甘いささやきも誘惑も多いですが人生で一番高い買い物です

慎重に家族とも相談して考えるのが一番良いことと思います。

参考になるような記事がありました↓

お金が貯まらない理由は毎日の生活習慣にあり?

お金がたまらない!と自分を責めてはいけません。私たちは、お金が残らない社会に生かされています。社会にそそのかされてお金を使わされていることを知れば、自然とお金は残ります。