アメリカの絵本作家・エドワードゴーリー

きっと、どこかで見たことがあるかもしれません

3連休の中日、天気も良く緑の綺麗な宇都宮美術館に行きました。
IMG_5494

IMG_5499


エドワード・ゴーリーってどんな人?

エドワード・ゴーリー - Wikipedia

1972年、最初のアンソロジー本『Amphigorey』が出版され、ニューヨーク・タイムズのブックレビューにおいて「今年最も注目すべきアートブック5冊」に選ばれた他、「ベスト・デザイン・ブック15」として、アメリカン・インスティテュート・オブ・グラフィックアーツ賞を受賞。 1974年、最初の回顧展が エール大学にて開かれる。 1978年、 ブロードウェイの舞台『 ...



子供向けの絵本というより

大人の絵本作家(大人の熱心なファンが多いです)

詳しく書いてるブログがありましたので引用させていただきます↓

エドワード・ゴーリーの残酷で美しい大人の絵本おすすめ10冊紹介する - きゃすのキラキラブログ

エドワード・ゴーリーの絵本の中には子供たちが出てくることが多くあります。もちろん絵本ですから、子どもが出てくるのが不自然というわけではありません。 ただし、彼らは健やかに育つわけではありません。時には殺されます。意味もなく殺されるのです。正しくは、意味は語られない、と言った方が良いでしょうか。意味のない死は、暴力的で、悲惨です。 ...



写真は入り口までです。
IMG_5505

子供は次々と死ぬのに猫は不当な目に遭わないエドワード・ゴーリーの世界とは?−クリスマスに大人が読みたい絵本

「子供はこうするものだとか、絵本の中では子供はこうなっているんだとか、約束事にみんな飽き飽きしていて、それを破るようなものは、それだけで開放的なんだと思います。実は世界はバラバラで、みんな好き勝手なことをしているのに、絵本はそういうことを見せてくれない。なんとなく嫌だな、言葉にしないけれどもなんか変だな、と思っている子供ってたくさんいると思うんです。大人も。そういう人たちがゴーリーの絵本に開...



『うろんな客』の謎の生物がお出迎えしてくれます。
IMG_5507
IMG_5508
IMG_5509

極細のペン先でモノクロで仕上げた作品は

原画も多数あり見どころはたくさんあります。

じっくりと時間をかけて楽しみたい作品ばかりです。

もう一度平日、仕事さぼって行こうかな(笑)

ブログを書くために調べたら面白い話がザクザクと

出てきます(笑)

ちょっと不気味な絵本、エドワード・ゴーリーの不条理な世界 - NAVER まとめ

Googleのロゴがイラストになっています。これは、「うろんな客」や「不幸な子供」、「ギャシュリークラムのちびっ子たち」などの絵本で知られる、絵本作家エドワード...



ヴィレッジバンガード宇都宮インターパーク店には定番コーナーがあるんですね。



興味深い作品が多く、お薦めの展覧会です。

宇都宮美術館|企画展

宇都宮美術館の公式ウェブサイトです。



☆☆☆お褒めの言葉を頂きました☆☆☆