【ヨーロッパの美術館みたい・広い!!】群馬県立館林美術館に行きました。

イベントもあるのですが、所蔵物が見たくて自宅から高速道路使用で60分

の館林に出かけました。



着いてみるとお目当ての「フランソワ・ポンポン」の作品が入り口でお出迎え!!
群馬県立館林美術館とフランソワ・ポンポン

展示室1からの風景
 当館では、フランスの彫刻家、フランソワ・ポンポン(François POMPON,1855-1933)の彫刻、素描作品、そして没後アトリエに残された多数の資料を収蔵し、コレクションの核としています。
 当館がポンポンの作品を収蔵している理由は、館のテーマとの関連です。
 当館では、「自然と人間の関わり」をテーマに作品の収蔵を行っています。ポンポンは、毛並みを細かく再現するような写実的表現が主流であった動物彫刻において、細部を削ぎ落とした、滑らかで洗練されたフォルムの美を生み出しました。そしてルネサンス以来、人物像より格が低いとされてきた動物彫刻の歴史に大きな革新をもたらしました。その歴史的意義と親しみやすい表現から、「自然と人間の関わり」を探求する上で有意義な作家として注目し、作品を収集しています。(分福茶釜の伝説で知られる館林の茂林寺とポンポンは特に関係ありません。)


Card

群馬県立館林美術館_ポンポンのコレクション
フランソワ・ポンポン - Wikipedia


なぜかこちらに向かって語り掛けてきそうな雰囲気☆

でもフランソワ・ポンポンはこれだけではなかったのです。




広~い館内の他に、ぽっんと一軒の家がありました。

その家はフランソワ・ポンポンが生前、創作していたアトリエを再現したスペースでした。
Card

夢のある家の中、多分、国内外でもフランソワ・ポンポンの資料を集めたものとしては

これ以上な所は無いと思います。

フランソワ・ポンポン以外の作品の所蔵もかなり多く、たっぷりと時間をかけて

観ていただいた方が良いと思います。

こんなに素敵な「群馬県立館林美術館」ですがアクセスは悪いです。

公共機関利用でしたら東武伊勢崎線利用です。
多々良の地図 - NAVITIME

車では東北自動車道館林ICあるいは佐野ICのどちらか利用が良いです。

どちらにしても中心部から離れていますのでカーナビ、地図等で確認をした方が良いです。

ちょっとアクセスは面倒ですが、メリットはたくさんあります。

館林市付近には他の観光スポットもたくさんあり、おススメとしては
藤の花、イルミネーションで有名なあしかがフラワーパーク
あしかがフラワーパーク 【 公式サイト 】

ワインの畑があるココファームワイナリー
COCO FARM & WINERY | こころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ワイナリー公式サイト

伊万里焼の美術館
栗田美術館

お買い物に♪佐野プレミアムアウトレット
佐野トップ - 佐野プレミアム・アウトレット - PREMIUM OUTLETS®

これから暖かいシーズンになりますので

お出かけの参考にしてみてはいかがでしょうか。


群馬県立館林美術館ホームページ Gunma Museum of Art,Tatebayashi