LINE役員 田端氏が発言してくれました!!

普段から“思っていても言えない事”見事に言ってくれて

凄く嬉しいです\(^o^)/

会社員が“上の人に対して”思ってる“不満な事”代弁してくれました!!

自社の製品・サービス・世の中のトレンド まるで知らない

全て面倒な事 丸投げ、権利と立場だけは凄く要求してくる。

驚くことに失敗は責任取らない、素早く責任回避。

ある意味“特技”だとも言えます。

でもでも、もう手遅れですが

こんなこと通用する世の中じゃーありません。

自分の会社の事、体で覚えろ!!に尽きます。







著名な方も色々、発言しています。

割りと普通に終わってると思います。

会社経営しているくらいだったら、まずもって、真っ先にインストールして試すでしょう……。なんでやらないのか理解できないレベル……。

そういうおっさんたちが偉そうに「若者は本を読め」とか言うから、噴飯物ですな。ポケGO 知らない」経営者



結局こういうことなんだよね。世間を騒がせているITツールが出たら(それがポケGoであれ何であれ)、実際に自分で体験して試してみるということをしないで、「ポケGoは〜」とか「LINEは〜」とかってITビジネスを語っちゃうような経営者の周りには、結局、東洋経済とか週刊ダイヤモンドの特集記事を読んだだけで分かった気なるようなクラスタしか集まって来ないってこと。

私だってそんな経営者の下で働くのは嫌だしね。(ドローンと違ってポケGoは基本無料なんだから指が動けば体験できるわけであって)テクノロジー感度が低い人の周りにはそういう人しか集まらないという話


実際、日々Twitterをみていると、確かに、
ソーシャルの影響力が強い人に、ポケモンGOのプレイヤーは多いな、と。

※一般の有名人のポケGOプレイヤーをお知りになりたい方は、
 下の記事をどうぞ。やっぱ、かなり流行ってるんですね。笑 LINE田端氏、「日本企業のデジタル化がトンチンカンなのは、生活者としての健全な好奇心が皆無だから。」




デジタル化は経営の最優先課題です。遅かれ早かれ、大きな影響を受けることは間違いない。屁理屈をこねて「やるか」「やらないか」を議論する時間があるなら、どう取り組むかを一刻も早く考えるべきです。

 その実現手法を、経営者は真剣に考える必要があります。日本企業の多くはコスト効率の観点から、IT関連業務のアウトソーシングを進めてきました。結果、様々な企業で情報システム部門の「空洞化」が深刻な課題になっています。 <日本にはなぜ“IT音痴社長”が多いのか

日本にはなぜ"IT音痴社長"が多いのか

1次情報には積極的に触れよう

真面目な人ほど、本をよく読み、机に向かって勉強します。
もちろん、それは素晴らしいですし、必要な事です。
偏差値教育に置いてはそれで十分だったのでしょう。しかし、社会に出たらそれだけじゃダメなんですね。

ポケモンGoが流行ったから、関連のニュースや書籍を読んで勉強することは立派ですし、役に立つのでしょうが、2次情報(他人からの情報)でしかありません。
どんなに大量の2次情報に触れたとしても自分がユーザーとなって実際にポケモンGoを触ってみるという1次情報(直接自分で取得した情報)には到底敵いません。
また、1次情報がない状態で2次情報に触れても、2次情報は平面的に見えてしまい、どこか知らない世界の話を聞いているようにしか思えません。
しかし、1次情報がある状態で2次情報に触れると具体的な事をイメージできるようになり、2次情報が立体的に見えてきます。

特にBtoCのような具体的に自分が顧客にもなれるようなビジネスに置いては、消費者として利用してみるという行為は必ずやりましょう。
それすらしていないのに、「投資する」とか、「御社のサービスは、、、」とか偉そうな事を言ってはいけません。意識高い系の痛い人あるある。1次情報を大切にしよう

意識高い系の痛い人あるある。1次情報を大切にしよう



会社幹部こそ自社の製品・サービス・ 世の中のトレンド 

一番敏感でなければいけないと結論いたします。